頸椎椎間板ヘルニアに注意|きちんと治療を受けよう

ドクター

早期発見、早期治療が大事

手指のこわばりを感じたら

女の人

リウマチのなかでも全国で患者が多いのが、関節リウマチです。自己免疫疾患の一つで、30歳から50歳代の女性の発症が多いとされています。その症状としては免疫の異常により関節に炎症が生じることです。手や足の指などの関節炎をはじめとして、膝などの関節に発症することも少なくありません。関節リウマチは、進行するにしたがって徐々に関節炎が進行します。その過程では、一時的に症状が良くなることもあります。けれども、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行することもあるため注意が必要です。また、初期の内に治療にあたると治りが早いため、初期症状を見逃さないことも重要です。関節リウマチの初期症状としては、手指のこわばりがあげられます。特に朝起きた時に、不調を感じることが続く場合は専門医に相談した方が良いでしょう。

専門医がおすすめです

リウマチ治療については、世田谷にも専門クリニックがあります。近年のめざましい研究で、最初の2年程度の期間に症状が進行しやすいことが分かりました。そのため、初期にどれだけ治療できるかどうかという点が重要になっています。初期の内に抗リウマチ薬を使うことで劇的な効果を上げることが可能です。また、新薬の登場により、これまで治療が難しかった症状にも改善が見られるようになりました。世田谷の整形外科でも治療できますが、世田谷ではリウマチ治療を専門的に行っている病院もあります。世田谷では治療にあっての勉強会を積極的に開いている病院もあります。また一人一人にあった治療法を提案してくれるという点でも人気を集めています。