頸椎椎間板ヘルニアに注意|きちんと治療を受けよう

医者

早期発見、早期治療が大事

女の人

リウマチは30歳から50歳代の女性に起こりやすいとされる病気です。近年の研究で、最初の2年間ほどの間に急激に進行することが分かっています。手指のこわばりなどの初期症状を感じたら、早めに専門医に相談することが重要です。世田谷には専門医があります。

詳細を読む

乳幼児の脱腸とは

治療室

鼠径ヘルニアは、成人の場合は老化や立ち仕事、出産などが原因となります。乳幼児の場合は先天的なもので母親の胎内にいる時に発症します。生後5ヶ月を過ぎた頃に全身麻酔で開腹手術や腹腔鏡手術を行うことが多くなっています。

詳細を読む

急な病気やケガでも大丈夫

院内

千葉県浦安市では、急な病気やケガに対応するため夜間診療が行われています。浦安市のホームページを見れば、夜間診療に関する情報が載せられていますので確認してください。インターネットが使えない場合は、「浦安市救急医療電話相談」に問い合わせましょう。

詳細を読む

手の痺れを引き起こす病気

頸椎椎間板ヘルニアを完治させることは難しいとお考えではありませんか?症状をしっかり抑え、回復させる方法はありますよ。

男女

手の痺れを引き起こす病気の1つとして挙げられるのが、頸椎椎間板ヘルニアです。頸椎椎間板ヘルニアとは、頸椎に生じた椎間板の退行変性に基づく線維輪断裂部からの椎間板組織の脱出の事です。この椎間板の脱出が後方、後側方へ生じることで、神経根や脊髄を圧迫し、症状が出現するのです。頸椎椎間板ヘルニアがある場合、頸椎の運動にて症状が増悪してしまう事があり、過度の運動は控えた方が望ましいです。自分で頸椎椎間板ヘルニアだと思っても、似たような症状を引き起こす病気もある為、しっかりとした診察を受けることも重要となってきます。胸郭出口症候群、肩関節周囲炎、肘部管症候群などが似た症状を引き起こす病気としてありますので、個人で勝手な判断をして民間療法などを行なわないように注意しましょう。

頸椎椎間板ヘルニアの特徴として、自覚症状が多い事が挙げられます。まず、頸椎症状として後頭部から頸部、肩甲背部にかけての痺れと運動制限が挙げられます。他にも、神経根症状として、上肢への放散痛、感覚障害、脱力感、筋委縮など様々な症状が出現する事があります。重度になると、体幹、手の末梢にまで感覚障害は広がり、手指巧緻動作障害も引き起こされます。下肢へ痺れが広がると、歩行がぎこちなくなり、走れなくなってしまう事もあります。更に重症化すると、膀胱直腸障害も引き起こされてしまう可能性があります。画像所見として、X線での診断、MRIでの診断などがあります。これらの画像診断と、整形外科テスト、反射検査などを行い、鑑別診断を行います。